合コンパーティーと婚活パーティーとの違い

合コンパーティーって?

若い学生や社会人を中心に、出会いの場として活用されている「合コン」。一緒にお酒を飲み、気軽な雰囲気で異性と出会えるというメリットがありますが、社会人になり年齢を重ねるにつれて交友関係も狭まり、合コンに参加する機会が減ってくるという傾向もあるようです。

そこで登場したのが、インターネットなどを介して参加者を募り、Barやレストランに集まって合コンを開く「合コンパーティー」。通常の合コンと同じく友達や知人と一緒に参加することもできますが、一人でも参加することができるのが合コンパーティーの特徴。会場に集まってからは、数名~30名程度の参加者が自由に気になった相手とトークを楽しみ、気が合えば連絡先を交換し、後日また一緒に遊びに行くといったこともできます。

恋人を作りたいという人はもちろん、「みんなでワイワイお酒を飲みながら楽しみたい」という人や、「気軽に会える遊び仲間を作りたい」という人に、合コンパーティーはピッタリと言えるでしょう。

婚活パーティーとどこが違う?

合コンパーティーの最大の特徴は、何と言っても「気軽さ」。何しろお酒を飲みながらおしゃべりできるのでフランクな雰囲気になりやすく、肩肘を張らずに飲み会を楽しみ、異性と出会いたいという人に向いています。

その反面、会場に集まってからは見知らぬ人とフリートークをすることになるので、落ち着いた雰囲気の中でしっかりお互いを知りたい、という人には物足りないでしょう。また、一般的に合コンは軽いノリで彼氏・彼女を探す場と考えられているので、「真面目に結婚相手と巡り合いたい」と考えている人は少ないと言われています。

一方、「おとコン」の婚活パーティーでは、男女が1対1で7~10分落ち着いて話せるシステムになっていますし、参加者は全員きちんとした「独身誓約書」を提出している、結婚願望の強い独身者。だからこそ、その場の雰囲気を楽しむだけに終わらず、将来を見据えた真剣交際に発展するチャンスがとても多いわけです。

絞り込み検索