婚活コラム 年上の異性と付き合うときに気をつけたいポイント

年上の異性と付き合うときに気をつけたいポイント

女性が年上の場合

女性が年上の場合、どうしてもお姉さんのような、お母さんのような、いかにも年上ぶった振る舞いをしてしまいがちです。

そうなってしまうと女性の場合は肩肘張った付き合いに疲れてしまい、男性の方はいつも監視されているような窮屈な思いをするようになってしまいます。 年上の女性好きな男性は、甘えん坊な要素が強いことが多いとされ、多少引っ張っていく分には良いのですが、あまりに度が過ぎると相手が離れていってしまうおそれがあります。

何事もほどほどに、あらかじめルールを決めておくとお付き合いが順調にいくことが多いです。 お互いが自然にいられる付き合いが長続きの秘訣ですので、疲れてしまわないように心がけるといいでしょう。

男性が年上の場合

男性が年上の場合、女性はどうしても背伸びしてしまいがちです。服装をあえて大人っぽいものにしたり、メイクをいつもより変えてみたりと、自分を良くみせようと張り切ってしまいがちです。

そうしたオシャレが自分に合っているものなら良いのですが、合っていないものだと自分の良さを消してしまうことになってしまいます。過剰な自己演出は避けて自然体でいるようにしましょう。 男性のほうは、あまり女性を子供扱いしすぎないことです。一人の自立した女性として、できるだけ対等に振る舞うようにしましょう。

しかし甘えてばかりいないで、大人の男のスマートさ、寛容さをもって、優しく包み込むようにしましょう。 

年齢差を気にしない

年齢差があると、どうしても年齢を気にしてしまいがちですが、それに縛られていては、せっかくの婚活での出逢いが、楽しいものではなくなってしまいます。

特に女性が年上だと、どうしても若い彼氏に引け目を感じがちですが、そのままの自分を受け入れてもらったということを自信にして、年齢のことは気にしないことです。 これから婚活パーティーお見合いパーティーなどのイベントに参加する方は、できれば自分と近い年齢の方を探すかもしれません。ですが、年齢の違いはお互いに成長できる部分が多く、補い合うことができるので、得るものも多く、楽しくお付き合いをすることができます。

お付き合いをしていくうちに年齢の違いは気にならなくなってくることがほとんどです。

絞り込み検索