業界最安水準!均一価格の導入

婚活市場の男性と女性の割合は?

「婚活パーティーに参加したけど、女性の数が多くて気になる男性と話せる時間が少なかった・・・」
「婚活パーティーに男性の数が少なくて、タイプ(好み)の人と全然出会えない・・・」
そんな経験をお持ちの女性も多いのではないでしょうか。
日本の結婚相談所2,600社以上が加盟する日本結婚相談所連盟によると、結婚相談所における男女比はおおよそ4:6とされており、実は女性の数のほうが多いのが実情です。
これは結婚相談所のみでなく婚活パーティー市場においても当てはまり、特に30代の男女に絞るとその男女比はさらに開き、相対的な男性の数は減ります。
こういった比率はデータによって把握ができますが、そもそもなぜ男性の数が相対的に少ないのでしょうか。
それには下記3つの主な理由が要因と言われています。
・経済的な理由
・時間的な理由
・積極性の欠如(草食系男子の増加)
では、次の項目でそれぞれもう少し深堀りをしていきます。

婚活パーティーに男性が不足している理由3つ

なぜ婚活市場、婚活パーティーにおいて男性の方が女性より数が少なく不足しているのか。
それには大きく分けて3つの理由があると言われています。
こちらではその3つの理由を、それぞれ深堀りして解説していきます。
 <h3>経済的な理由</h3>
国税庁の民間給与実態調査などの資料からも分かるように、日本の男性の平均年収は以前と比べてほとんど増加しておらず、むしろ一時的に減少している年も散見されます。
それにも関わらず国の税金や保険料は増加し続けているので、可処分所得は反対に減少し続けています。
こうなってしまうと経済的な余裕はなくなり、夫婦共働き世帯が増えているとはいえ、一家の大黒柱として結婚後に家族を養っていける自信が持てない男性が増加してしまいます。
婚活するのにもお金がかかりますので、やはりこういった経済的な理由で男性の数は相対的に女性より少ないのが実情です。

時間的な理由

男性は女性のように出産というものがないため、高齢出産などのリスクは考えることはありません。
そのため何歳までに結婚しようと考える人も女性に比べると少なく、若いうちは仕事に没頭する男性が多いです。
また、そうして没頭しているうちに仕事にやりがいを感じて婚活について考える余裕がなくなる人も多いです。
そういった時間的な余裕のなさも、婚活市場で男性を少なくしている要因といえます。

積極性の欠如(草食系男子の増加)

草食系男子という言葉もずいぶんメジャーな言葉になりましたが、こういった女性に対して積極性があまりない男性の増加も、やはり婚活市場で男性を少なくしている要因です。
女性とのコミュニケーションに対して苦手意識を持っていたりするので、異性とのコミュニケーションが大切な婚活パーティーにはなかなかそういった男性は参加しないでしょう。
結婚願望があまりない男性も増えているため、こういった積極性の欠如は間違いなく婚活市場における男性の数を少なくしています。

オトコン主催の婚活パーティーは全てが男女差3名以内

ここまで婚活市場および婚活パーティーにおける男性の数の少なさについて説明してきました。
しかしオトコンが主催している婚活パーティーは、その全てが男女差3名以内に抑えられるように調整を行っています。
そのため男性の数が少ないために全然良い出会いがない、気になる男性と話せる時間が少ないといったケースがオトコンの婚活パーティーでは起こりづらくなっています。
男女比にはこだわりを持って主催しているため、女性の方も男性の方も両者が安心して参加することができます。
せっかく参加費用を払って婚活パーティーに参加しているのですから、参加される方にはできる限り満足していただきたいと考えています。
03-6371-4283
無料会員登録はこちら

※会員登録をすると、お申し込みがスムーズになります
※会員登録をしなくてもお申し込みが可能です

絞り込み検索