婚活パーティー・お見合いパーティーのフリータイムを上手く活用するには

婚活パーティー・お見合いパーティーのフリータイムを上手く活用するには

フリータイムを効果的に使うポイント

婚活お見合いパーティーでは、最初に自己紹介などを終え、後半ではフリータイムに進むケースが多いです。イベントにはつきものですが、最初は異性と一人ずつ時間を作って話をしていきますが、そこから気になっている人と再度じっくりと話していく機会を作っていくことができるのです。

しかし一般的な婚活パーティーでは、3分から5分ほどしか取られていないことも多いようです。短時間でいかに意中の異性と話をしていくことができるかがポイントになっていきます。そのため、あらかじめ誰と話をしていくか判断をしておくことが重要になります。そのためにも、フリータイムに入る前に気になってしまった異性について整理をしておいて、真っ先に向かっていくようにしましょう。

他の参加者と気になる相手が被ってしまうこともありますので、立ち回り方を間違えてしまうとあっという間に終わってしまいます。お気に入りの子と長く話すどころか、きっかけすら失ってしまうことでしょう。

フリータイム中の会話について

婚活やお見合いパーティーで意中の相手とフリータイムで話せる時間を作ることができた時、失敗をしてしまったら苦労が台無しになると思ってしまうことでしょう。会話を始めていく時にはスマートに接していくことが必要になります。

話題を異性が受け入れているような状態であれば好感触といえるでしょう。あとは気になったことを中心に話していったり、共通の話題を作っていきながら話を進めていくようにしましょう。それによってカップルになる確率はアップしていくことになります。

しかし何も感触がない状況になった時は、自分とミスマッチではないかと不安になってしまうこともあります。そんな時にも話が否定的にならないようにしましょう。可能性は会話の中で色々と出てきますので、何があるのか想像がつかないと思うのも大切です。

フリータイム中に気をつけたいこと

イベント会社で企画しているパーティーなどの中で、ルールを最初に伝えられます。そのフリータイムのルールについてはしっかりと守っていきましょう。制限時間が設けられているのに、なかなか話を終えることができないからと移動をしないのはマナー違反となります。

前半で好印象だった異性に対してチェックしている紙を配られることもありますので、集計された内容を事前に参考にしておきましょう。結果発表をされることもありますので、耳を傾けていくことが重要です。

内容はかなり有益な情報となりますので、わからない時には事前にタイミングがあれば聞いておきましょう。また相手がいないからと同性と話していくのもいけません。せっかくの貴重な時間となりますので、動き回って話をしていかなければ意味がありません。

絞り込み検索