婚活パーティー・お見合いパーティーでの学歴について

婚活パーティー・お見合いパーティーでの学歴について

アピール方法を工夫する

お見合いパーティーや婚活イベントで、多くの参加者が確認する項目の一つに学歴があります。もし自分の学歴に自信がないという方は、卒業した学校よりも自分の優先してきたものや自信のあるものをアピールするように工夫をしてみましょう。

例えば、「大学進学よりも海外に興味があって、高校卒業してから世界のいろいろな場所を見に行った」や「美容師になりたかったから、専門学校でみっちり勉強して資格をとった」など、相手に進学しなかったことを納得させられる理由を伝えましょう。

そうすることで、しっかりと将来を考えた選択ができる人だということが伝わります。この時に「大学に行っても勉強したいことがなかった」など、ネガティブな発言は控えたほうが良いでしょう。

自虐的にならず前向きに

自分の学歴に対してコンプレックスがある場合、卑下してしまったり、または自身を守ろうと攻撃的になってしまうことがあります。「どうせ自分なんて」といった自虐的な言葉や、「大卒だからって」という大卒者に対して攻撃的な言葉が無意識に出やすくなってしまう傾向があります。このような発言は、相手にとってはとても不快なものとなり、自分の印象を悪くする事にもなります。

人間は卒業した学校が全てではありません。自分にしかない良いところや、大学に行かなかった代わりに得たものも沢山あるでしょう。婚活ではそういった良いところをアピールしていくことが、とても大切です。

「自分は大卒ではないけれど、自分に不足している部分を大卒の方に助けてもらっている」など、自分がどのように周りの人と関わっているのか、また自分と違う部分をどのように受け入れているかをポジティブに伝えたほうが、相手に好印象を持ってもらえる可能性が高くなります。

相手の学歴を尊重するのも大事です

お相手が自分よりも低学歴だった場合、つい見下した発言をして相手を傷つけてしまうという場合があります。大卒者にとっては無意識の発言であっても、相手にとってはコンプレックスである部分を突かれて、落ち込んだり怒らせてしまう可能性もありますので注意しましょう。

相手が大卒で無い場合、自分が大学で学んでいた時間、相手は違った社会経験をしていたり、もっと専門的な勉強をしていたり、自分にはない経験をしてきています。それがお相手の魅力です。

婚活パーティーでは、なぜその道を選んだのか、そのときどんな体験が出来たのかなど、相手の経験してきたことを聞いてみましょう。自分には想像も出来ないような体験を話してくれるかもしれません。たとえ相手が低学歴であったとしても、見下したりせずに相手を尊重し、有意義な時間を過ごしましょう。

絞り込み検索