お見合いパーティーでは積極的に行動を!

お見合いパーティーでは積極的に行動を!

積極的に振る舞うことで好感度UP

婚活のためにお見合いパーティーに参加しても、なかなか異性に話しかけづらい人は意外と多いのではないでしょうか。確かに、初対面ではお互いが探り探りなので、話しかけるには勇気が必要です。

ですが黙ったままでいると、冷たい人間と思われてしまいますし、仮に相手があなたに興味を抱いていたとしても、「好感を持たれていないのかな」と誤解されかねません。しゃべりすぎ、自己アピール過剰も問題ですが、気になる異性がいるのなら、まずは自己紹介をして仕事の話などから始めるべきです。そのあとの会話では、趣味や休日の過ごし方など共通点を見つけやすい話題をチョイスすると、ネタ不足になり、間が生まれるリスクを減らせます。

会話が進んで少し打ち解けてきたら、会話中に名前を呼んであげるのも効果的です。名前を呼ばれることで、相手はあなたに親近感を抱きやすくなるので、2人の距離がさらに縮まり深い話をするチャンスが広がります。

気になる相手にはこちらからアプローチを

お見合いパーティーなどは複数の男女が一斉に行動します。規模が大きいと100人以上が参加することもあるので、気になる異性には積極的にアプローチをしないとライバルに先を越されるかもしれません。

ルックスが良い、高収入であるなど条件の良い場合は、その可能性は高いです。効果的なアプローチをするためには、2人きりの時間を作ることが重要でしょう。2人きりならライバルとの差をつけやすく、大人数での会話ではなかなか聞けないような親密な話を聞くチャンスが増えるからです。

また、2人きりだと相手も、「自分にすごく興味を持ってくれている」と好感を抱き、記憶に深く残りやすいのです。実は、大規模なイベントでは、相手の記憶に残ることが非常に重要で、「そういえばあの人と最後まで話をしていたな」などと、最後まで気になる存在として記憶に残れば、カップル成立の可能性がグンとアップするのです。

婚活パーティーで積極的に行動するために

婚活パーティーで理想の異性と結ばれるためには積極的な行動が欠かせません。しかし、婚活初心者にとっては、いきなり大人数の場でライバルたちと競うことは難しいでしょう。

やはり、積極性を身に着けるには、経験を積むことが1番です。1回の婚活で結果を残そうとすると、肩に力が入ってしまい本来の自分が出せずに終わってしまいます。最初の2~3回は場の雰囲気に慣れることを目的に、気軽に参加してみるのが良いでしょう。

経験豊富なライバルたちの行動を観察しながら、自分にも取り入れられそうな部分は、次回以降のイベントに生かしてみるのです。また、男女の集団に交じって、どんな会話が交わされているのかを聞くだけでも、最初のうちは発見が多いです。ファッションや食、映画や芸能情報など、比較的若い世代に人気の話題が何なのかをリサーチしておいて、会話のネタを事前に探しておけば、異性と自然に会話できるようになるのではないでしょうか。

絞り込み検索